オーロラ加工のグラスビーズ2連グラデーション・ネックレス

オーロラ加工を施したカットグラスビーズを使用した、華やかな2連ネックレスです。球形に近い複雑な多面体グラスビーズが使われており、オーロラ加工の効果で、隣り合う面が微妙に異なる色味と輝きを放ちます。
正面のセンターに最も大きなストーンを配し、首の後ろにかけてしだいに小さくなるグラデーションタイプ。カットグラスビーズの間に透明なシードビーズが挟まれたリズミカルなデザインです。クラスプにも、オーロラ加工を施した大きなカットグラスが爪止めされているので、髪をアップにして、後ろ姿も自慢したくなりそう。

製造から半世紀以上を経ていますが、目立ったキズもなく、オーロラ加工の輝きも往時のまま。ウェディング・セレモニーなどの特別な機会はもちろん、ニットや綿シャツなど、カジュアルな装いともよくあいます。

同じくオーロラ加工カットグラスを使用した「オーロラ加工のグラスビーズ・ドロップ付きイヤリング」ともよくマッチします。あわせてご覧ください。なお、1回のお買い物総額が1万円を超えた場合、送料は当店で負担いたします。


【オーロラ加工】
オーロラ加工は、クリスタル・ガラス(酸化鉛を含有した透明度の高いガラス)で有名なスワロフスキー社が、1956年に、クリスチャン・ディオール社と共同開発したガラス表面の加工法。幾何学的にカットして平らに磨いた表面(ファセット)にごくごく薄くゴールドを真空吹き付けすることで、より多くの光を反射するように工夫されています。加工後のガラスの表面が、極地の冬の空を彩るオーロラのように、緑、青、紫と色や輝きを様々に変えることから「オーロラ加工」と名づけられました。オーロラは英語で「Northern Lights(北極光)」の他に「Aurora Borealis(北のオーロラ、北の極光)」とも言うので、2単語の頭文字を取って「AB加工」とも呼ばれ、多くのジュエリーメイカーが取り入れています。

オーロラ加工を施したスワロフスキー・クリスタルを使用したクリスチャン・ディオールのドレス:http://www.swarovskigroup.com/S/collaborations/ChristianDior.en.html


年代:1950〜'60年代
製造国:不明(英国で入手)
素材〈色〉:ファセット・グラスビーズ〈クリア、オーロラ加工〉、透明グラスシードビーズ〈クリア〉、メタル〈シルバートーン〉
デザイン:2連ネックレス、グラデーション・タイプ、シードビーズのスペーサー入り
サイズ:[全長(クラスプを除く)]約51cm(最長)、[グラスビーズの直径]最小約6mm〜最大12mm、[クラスプの多面体グラスビーズの直径] 約12mm
クラスプ(留め金):差し込み式ボックスクラスプ、シルバートーンの台にオーロラ加工済みカットグラスをクロウセット
Back Stamp:なし
コンディション:★★★★★(VGC:Very Good Condition)、ハンドクリーニング済
梱包:化粧箱(オーガンジー・サシェ付き)


*「新品」「未使用」「NOS(New Old Stock)」などの特記のないものはすべてユーズドのヴィンテージ品です。「ユーズドのヴィンテージ品」にはみな一度はだれかの元で愛用されていた過去 があり、新品とはコンディションが異なることをご理解のうえお買い求めください。特に気になるダメージについては各商品ページに書き出してありますが、 もっと詳しく知りたい場合はフォームにてお問い合わせください(SOSN店長)
型番 BY130627 JWNL
在庫状況 在庫1点限り
販売価格
8,680円(内税)
購入数