〈英国HORNSEA窯の動物花瓶〉小さな切り株とバンビ(右向き)

小さな切り株の根方で、脚をたたんでくつろぐ子鹿の愛らしいたたずまい。切り株の部分が花瓶になっており、小さな野花などを何本かまとめて飾ることができます。

子鹿やリス、ウサギなどの動物フィギュリンをあしらった、物語性のある装飾花器が、1940年代後半から'60年代にかけて英国でなぜか流行。イングランド北東部の東ヨークシャーにあるHORNSEA(ホーンジー)窯(町の名前がホーンジー)では、1949年の創業後まもなく動物フィギュリン付きの花器を製造し始めているので、ここが流行の発信元かもしれません。

ホーンジー窯で動物花瓶が製造された時期は二期に分かれ、1954年〜1959年の間に製造された「FAUNA(動物相)」シリーズと、1960年〜1967年の間に製造された「FAUNA ROYAL(動物王国」シリーズがあります。この「小さな切り株とバンビ」は、底のスタンプから第一期の製造とわかります。

1960年代から1980年代初頭にかけての時期はホーンジー窯の全盛期。最大で700人もの職人を抱えていたそうですが、製造が追いつかないほど(英国内だけでなく海外でも)人気のあった食器の製造に集中するために、1967年、他の装飾陶器とともに、動物花瓶は製造ラインから外されました。その後、不況に伴い規模を縮小、2000年に半世紀にわたるを陶器作りを終了しました。

ホーンジー窯の動物花器は、鋳型の精巧さと鮮やかな色使いが特徴です。使用する色数が多いので、彩色する職人さんにより色の組み合わせや塗り方、動物の表情などが微妙に異なり、集める楽しみがいっそう増しそう。



年代:1950年代(1954〜1959年)
製造国:イングランド(HORNSEA ホーンジー窯)
素材〈色〉:陶器〈白地に黒〜薄茶、マルチカラー〉、手彩色、グロス仕上げ
デザイン:小さな切り株型装飾花器、切り株とバンビ(右向き)
サイズ:[タテ]約6cm、[ヨコ]約5.5cm、[奥行き]約6cm
動物のサイズ:[タテ]約6cm、[ヨコ]約5.5cm 
Back Stamp:FAUNA(動物相シリーズ)、HORNSEA、MADE IN ENGLANDのスタンプ
コンディション:★★★★★(VGC:Very Good Condition)、ハンドクリーニング済
梱包:簡易包装



【クレージング】
太陽光線などにより、ガラス質に生ずる微細なひびのこと。陶磁器の場合はガラス化した表面の釉薬の部分に現れる。衝撃などによって生ずるクラック(ひび)やチップ(欠け)とは異なり、本体の構造にはほとんど影響ないが、経年劣化とあいまって本体の強度は製造時より落ちているので取り扱いには注意を要する。直射日光の当たらない風通しの良い場所で保管し、できるだけ衝撃を避けると良い。

*「新品」「未使用」「NOS(New Old Stock)」などの特記のないものはすべてユーズドのヴィンテージ品です。「ユーズドのヴィンテージ品」にはみな一度はだれかの元で愛用されていた過去があり、新品とはコンディションが異なることをご理解のうえお買い求めください。特に気になるダメージについては各商品ページに書き出してありますが、もっと詳しく知りたい場合はフォームにてお問い合わせください(SOSN店長)。
型番 BY150280 HA
在庫状況 在庫1点限り
販売価格
2,500円(内税)
購入数