〈新品ヴィンテージ〉花鎖のモチーフで飾ったオーロラ加工ピーコックグラスのネックレス

薄紫のカットグラスにオーロラ加工を施したピーコックグラスの華やかなネックレス。上下の極部分を少し抑えた球形に近いバレル型の表面に32面カットを施したグラスビーズが使用されています。オーロラ加工の効果で、隣り合う面が微妙に異なる色味と輝きを放ちます。

正面のセンターには、大小のカットビーズが銀色のパーツで多重に配置され、まるで花の鎖のよう。カットグラスビーズの間に銀色のシードビーズが挟まれたリズミカルなデザイン。エクステンションチェーンが7センチあり、衿もとの開き具合や着用の機会によって長さを調節できます。

このグラスネックレスはジュエリーショップの倉庫で近年見つかったNOS(新品のヴィンテージ品)で、製造から30年近くを経ていますが、キズもなく、オーロラ加工の輝きも製造時のまま。ウェディング・セレモニーなどの特別な機会はもちろん、ニットや綿シャツなど、カジュアルな装いともよくあいます。

同じくオーロラ加工カットグラスを使用した「〈新品ヴィンテージ〉ボヘミア・クリスタルのドロップ・イヤリング(オーロラ加工)」ともよくマッチします。あわせてご覧ください。なお、1回のお買い物総額が1万円を超えた場合、送料は当店で負担いたします。


【オーロラ加工】
オーロラ加工は、クリスタル・ガラス(酸化鉛を含有した透明度の高いガラス)で有名なスワロフスキー社が、1956年に、クリスチャン・ディオール社と共同開発したガラス表面の加工法。幾何学的にカットして平らに磨いた表面(ファセット)にごくごく薄くゴールドを真空吹き付けすることで、より多くの光を反射するように工夫されています。加工後のガラスの表面が、極地の冬の空を彩るオーロラのように、緑、青、紫と色や輝きを様々に変えることから「オーロラ加工」と名づけられました。オーロラは英語で「Northern Lights(北極光)」の他に「Aurora Borealis(北のオーロラ、北の極光)」とも言うので、2単語の頭文字を取って「AB加工」とも呼ばれ、多くのジュエリーメイカーが取り入れています。

オーロラ加工を施したスワロフスキー・クリスタルを使用したクリスチャン・ディオールのドレス:http://www.swarovskigroup.com/S/collaborations/ChristianDior.en.html


年代:1990年代
製造国:不明(英国で入手)
素材〈色〉:32面体ガラス〈ペールパープル、オーロラ加工〉、シードビーズ〈シルバートーン〉
デザイン:フロント・センターに花鎖のモチーフを配したシングルネックレス、スペーサー入り、エクステンション付き
サイズ:[長さ(クラスプを含む)]約49cm、[エクステンション長さ]約7cm、[グラスビーズの直径]最大約10mm〜最少約8mm
クラスプ(留め金):ロブスタークロウ・クラスプ、エクステンション付き
Back Stamp:なし
コンディション:★★★★★(NOS : New Old Stock)
梱包:化粧箱、レターパックライト、クリックポストご選択の場合は簡易包装(オーガンジー・サシェ付き)


*「新品」「未使用」「NOS(New Old Stock)」などの特記のないものはすべてユーズドのヴィンテージ品です。「ユーズドのヴィンテージ品」にはみな一度はだれかの元で愛用されていた過去 があり、新品とはコンディションが異なることをご理解のうえお買い求めください。特に気になるダメージについては各商品ページに書き出してありますが、 もっと詳しく知りたい場合はフォームにてお問い合わせください(SOSN店長)
型番 BY170103 JWNL
在庫状況 在庫1点限り
販売価格
9,600円(内税)
購入数