〈英国AYNSLEY社のボーンチャイナ製ジュエリー〉クリスマスローズのラペルピン

イングランドを代表するボーンチャイナメーカーの一つ「エインズレイ」のジュエリーです。ボーンチャイナのジュエリーは英国のミッドセンチュリーを代表するファションアイテムの一つで、ボーンチャイナならではの透明感と美しい色が特徴。

ピンクから白へのグラデーションが可憐なクリスマスローズの一輪ピンブローチです。クリスマスローズは、正式名をキンポウゲ科クリスマスローズ属ヘレボルスと言い、花の乏しい冬期に咲くのでこの名前がつきました。

ピン部分が普通のブローチより長いので、通常のブローチとしての使用のほかに、ラペルピン(背広の襟に開けたスリットに刺すピンブローチ)にもハットピン(帽子が動かないように帽子の表面からまとめ髪と共に止めるピン)にもお使いいただけます。保管に適した青いベルベット張りのオリジナル箱入り、大切な人への贈り物にも。

年代:1950〜'70年代
製造国:英国
素材〈色〉:ボーンチャイナ〈ピンク、白〉、ハンドメイド、ハンドペイント、金属のピンとセーフティキャップ〈ゴールドトーン〉
デザイン:ボーンチャイナ製の花1輪、セーフティキャップ付きピンブローチ(ラペルピン、ハットピン)
サイズ:[ボーンチャイナの花]約2.0cm x 約2.0cm、[全体の長さ(花、キャップを含む)]約5.9cm
クラスプ(留め金):セーフティキャップ付きロングピン
Back Stamp:オリジナル保管箱のフタ内側にAynaleyのロゴ入り
コンディション:★★★★★(VGC=Very Good Condition)未使用。ピンの一部にサビ、キャップの一部にコートロスがあります。いずれも経年によるもの。
梱包:青いベルベット張りオリジナル化粧箱/保管箱、フタ内側に多少の傷みがあります。


【ボーンチャイナのジュエリー】
ボーンチャイナ[動物の骨粉を混ぜたハードペーストを用いた磁器の一種]のジュエリーは、第二次世界大戦中に、焼き物の産地として有名なストーク・オン・トレントで初めて作られたと言われています。ボーンチャイナならではの発色の良さをいかした明るい色合いが、可憐な花の形とあいまって、戦中の憂鬱な空気を和ませてくれたことでしょう。

終戦を迎えた1945年から1960年代が、ボーンチャイナ・ジュエリーの最盛期。有名陶磁器メーカーもこぞって製造し、贈り物や土産物としても喜ばれていたようです。3種の花(バラ、パンジー、アネモネが定番)に3輪のわすれな草をあしらったポージー(花束)のデザインが有名。大振りの花の一輪ものやエキゾチックな花などデザインは多種多彩、ブローチとイヤリングのセットも盛んに作られました。

薄い焼き物の宿命で、どうしても欠けやすいのが難点。衝撃によってできたチップ(欠け)以外にも、製造行程でできたフリーバイト(ノミの咬みあとのような極小の欠け)のあるものも少なくありません。そのため完全な形で残っているものには特に希少価値があります。手作り、手彩色ですから、同じものは二つとないと言ってよく、世界中にコレクターがいます。


ピンの一部にサビが若干見られます


キャップにややコートロスがあります
型番 BY140451JWBRBC
在庫状況 在庫1点限り
販売価格
7,200円(内税)
購入数